amazonギフト券の仕組みと概要

amazonギフト券とは、amazon.co.jpで買い物代金として支払いができる電子ギフト券となります。アカウントにチャージすることによってギフト券の額面が残高として登録されます。

 

使い方は支払い方法の選択、つまり注文確認の際にamazonギフト券を選択することによって使うことができます。amazonギフト券がアカウントに登録されていれば買い物をする時に優先的に利用するようになっています。

 

もちろん利用しないようにすることもできますので使いたくない時は他の支払い方法を選ぶことができます。

 

amazonギフト券の仕組みはアマゾンが発行するギフト券番号ですべて管理されています。額面はもちろん有効期限などもすべてギフト券番号で分かるようになっています。

amazonギフト券のギフト番号(ギフトコード)

amazonギフト券を使う時は15桁のギフト券番号(ギフトコード)をアカウントにチャージして使います。じつはamazonギフト券は商品券のように実体がありません。すべてギフト券番号で管理されていますのでギフトコードさえわかればアカウントに額面を登録することが可能です。なのでギフト券をあげたりもらったりすることがとても簡単に行なえます。

 

実際に使う時はamazonギフト券を登録するからギフト番号を入力して登録します。登録するときはできればコピペして行うほうが間違いがありません。どうしても15桁もあるので入力ミスが起こる可能性があるからです。ギフト券番号が間違っているともちろん無効なギフト券番号ですと表示され登録することができません。

amazonギフト券の使い方、登録方法

amazonギフト券の使い方はそれほど難しくありません。チャージタイプだけ直接購入で残高に反映されると言う点以外はすべてギフト券番号をアカウントに登録して使います。

 

デジタルタイプ 配送タイプ
  • Eメールタイプ
  • 印刷タイプ
  • チャージタイプ
  • グリーティングタイプ
  • ボックスタイプ
  • 封筒タイプ
  • マルチパックタイプ

チャージタイプは自分専用のアマゾンギフト券です。購入すると直接アカウントに登録されるためとても便利です。

 

その他のギフト券タイプはメールで遅れるEメールタイプがもっとも使われていてメールアドレスが分かれば簡単に送ることができます。送り先アドレスを設定してEメールタイプを購入すればそのアドレスへギフト券番号が送られるのでその番号をアカウントに登録すれば使うことができます。

amazonギフト券はクレジットカードがなくても使える

アマゾンでのショッピングは殆どの場合クレジットカード決済となります。もちろんクレジットカードがなくても利用できますが代引きなどで余計な手数料がかかってしまいます。

 

amazonギフト券も同じようにクレジットカードがなくても現金で購入が可能です。携帯決済で購入できた時期もありましたが現在は使うことができません。

amazonギフト券を使うタイミングは2つ

amazonギフト券を使うタイミングは2つあり

  1. 予め登録しておく
  2. 注文時に登録

となります。

 

予め登録するにはamazonギフト券の登録画面で行います。

 

注文時に登録はカードに商品を入れてレジに進んでいくと支払いの選択が表示されます。ここにamazonギフト券で支払うの項目があるので選択してギフト券番号を登録すれば使うことができます。

 

より詳しく知りたい場合は【スマホ・PC】5分でわかるamazonギフト券の使い方で詳しく紹介されています。