amazonの配送料無料にする4つの方法を紹介

amazonでは、この会社が直接販売配送する商品、出品者が別にいて配送のみこの会社に依頼する商品、出品者が販売と発送をする商品に分かれています。通常、出品者が配送する商品以外では総額2000円以下であっても配送料を無料にできる謎のルールもあります。そこで、この配送料を無料にする条件とは、大きく分けると約4つあります。

プライム会員はいつでも送料無料

まず、一番簡単な方法としては、プライム会員として有料会員になることです。現在は月額単位で加入することができるため、頻繁に購入する月だけ加入すればその月の間、通常2000円以上でないと送料が無料にならない商品でも常に料金がかからなくなります。また、お急ぎ配送なども無料で選択できるようになります。

2000円以上にして送料無料

次の方法としては、一般的な利用者が多く使う方法ですが、総額2000円に少し足らない場合は安い商品を買い足して2000円以上にして送料がかからないようにする方法です。一般的な小物商品の場合、総額1650円程度であれば、350円の商品を買い足した方が送料を支払うよりお得になります。

最初から条件なしで送料無料の商品もある

さらには、最初から条件なしで送料無料の商品を購入する方法もあります。しかし、このような商品はまだまだ扱われている商品のほんの一部です。ただし、洋書を含めた本には多い傾向があります。検索すれば一目瞭然ですが、中には送料を含めて100円程度の本もあるため、原価割れしていることが不思議に感じる方も多いかもしれません。

謎のamazonルールで送料無料!?

そこで、本題ですがここまでは一般的な配送料を無料にする方法でした。しかし、実は謎のamazonルールがあります。それは、通常配送料無料の商品とこの会社が配送する本来2000円以上でないと送料が無料にならない商品をまとめ買いした場合です。本来送料がかかりそうなものですが、この方法を用いることで通常配送料無料のシステムが優先されます。

 

そのため、例えば1500円の商品と上記のような100円の本を購入した場合に合計1600円であったとしても一般的な商品に加算される350円の送料が0円になります。ただし、以前はこのような条件が適応される50円程度の本などが多数ありましたが、徐々にこのサイト内で少なくなってきています。また、低価格ブックは通常の検索画面では見つけにくいかもしれません。そこで上手な見つけ方としては、このような本は、amazon内の低額部門でベストセラーになっていることが多いため、そこをうまく利用して見つけ出すことです。

 

このようにamazonでは、総額2000円以下でも送料を無料にする荒技などが用意されている面白いショッピングサイトです。上手に買い物をすればよりお得に利用することができます。その他の節約方法と併用すればもっとお得に買い物ができそうですね。

 

amazonなら節約出来きる