amazonで割引を活用して節約する

amazonを上手く利用することで、普段の支出を抑えることができます。例えばamazon定期便は、予め商品を選んでおき毎月決まった日に届けて貰うサービスで、プライム会員以外も同等の条件で利用可能です。定期便のメリットは1つの商品の購入でも通常価格から10%引きとなるほか、3種類以上の場合は15%引きになるため、できる限り複数の商品を同じ月に届くよう調整するのがコツです。

 

定期便は毎月や2ヶ月に1度、3ヶ月に1度など配送の間隔を選ぶことができるため、設定によってはズレが生じ毎回10%引きになってしまうことがあります。15%引きにするためには、配送月が同じになるよう確定前に確認するのが重要です。amazonでは値段の推移がほぼ一定ですが、在庫補充のタイミングで値段が上下することがあります。定期便は申し込んだ時点での価格が適用されるわけではなく、注文が確定した時点での価格が適用されるため、注文確定日の価格が高ければかえって損です。注文は毎月の配達予定日の5日前に確定しますから、高い価格で注文されることを回避するためには、1週間前から数日間は価格を確認しておく必要があります。

 

通常会員の場合、プライム会員と違いある程度の金額に達しないと350円の送料が必要となりますが、これを回避する方法があります。プライム会員以外が送料無料とするには、商品を本と一緒に購入するだけです。毎月購入している雑誌があれば、雑誌の購入に合わせて商品を注文するのが良い方法です。もしくは普段から欲しい本を物色しておき、1冊だけカートに入れてしまいます。カートに入れても購入手続きをしない限りは支払いが発生しませんし、特にamazonでは売れ筋の本の在庫が切れることはそう無いためこの方法が有用です。

 

できる限り安く購入したい場合は、タイムセールを狙うという方法もあります。タイムセールは決まった時間に格安で販売されるもので、あまり売れないものが選択されることが多いため、なかなか欲しい商品に巡りあうことはありませんが、掘り出し物が出品されることもあるため常にチェックしておく必要があります。

 

プライム会員の場合、通常会員が参加できないセールが実施されたり、通常会員より先に販売が開始されることもあるため、セール商品を確実に入手したいようであれば、プライム会員に登録するのが無難です。プライム会員はセール以外にも多くの特典があるため、登録しても損はありません。

 

amazonならプライム会員になれば特典沢山

 

トップページへ戻る